雑記

メルカリで試験適用中の「スピード発送バッジ」とは?詳しく解説!

こんにちは、意識高い系出品者のまーこです!
私の趣味のひとつにメルカリがあるのですが、今日私のメルカリ画面に「スピード発送バッジ」が搭載されました!

スピード発送バッジは、2019年3月から試験適用されているメルカリの新機能です。

メルカリはこれまでも、月イチ払いや委託販売のメルカリワークスなど、一定の基準を満たしたユーザーを対象に新機能を試験適用する方法を数取ってきました。

月イチ払いは現在すべてのユーザーに実装されていますが、メルカリワークスは2018年9月4日で終了しています。

ほかにもUSED買い取りのメルカリNOW(2018年8月20日終了)や、ブランド買い取りのメルカリメゾンズ(2018年8月31日終了)などがあります。

最近では、メルカリがスマホ決済を導入したことが有名になりましたよね。

今回は試行錯誤しながら発展しているメルカリの新機能「スピード発送バッジ」について詳しく解説します♪

メルカリのスピード発送バッジとは?!

まーこ
まーこ
私のメルカリ歴は3年半、取引実績1,000件を超えました!

昨日の夜メルカリを開くと、事務局から個別メッセージが届いていました。

常に取引中の商品があるので事務局からのメッセージも多いのですが、今回のメッセージは最初何を言っているのかわかりませんでした!

このたびスピード配送バッジが適用されました

メッセージの詳細を読んでみると、どうやらすぐ発送してきた実績がある人に表示されるバッジみたい?!

スピード発送バッジの詳細

発送時間* の早さが、一定の基準を満たしている出品者に 表示されるバッジです。
(*商品が購入されてから発送するまでの時間)

リンク元 メルカリガイド

メルカリが定める基準というものがあるようです。

スピード発送バッジは商品詳細画面の出品者情報と並んで表示されるとのこと。

さっそく商品詳細画面を見てみたら、ありました!

まーこ
まーこ
青いトラックのマークが目印だよ~!

スピード配送バッジの適用基準と端末

このスピード配送バッジの適用基準に関しては、以下のような記載がありました。

<スピード発送バッジの表示基準>
売却済み商品のうち、カウント対象となる商品の平均発送時間が24時間以内の出品者

<カウント対象となる商品>
発送までの日数を「1~2日」で選択している商品

引用 メルカリガイド

スピード発送バッジの詳細には、過去実績を元に平均発送時間を算出しているとの記載がありますが、平均発送時間のカウント対象期間は非公開のようです。

 

2019年4月11日現在、このスピード配送バッジが適用されている端末は、iOS版アプリを利用している一部のユーザーです。
事務局から個別メッセージが来ているひとはアプリをアップデートしてみてください!
実装されます。

現在試験的に公開しているため、Android版アプリやwebサイトに関しては未対応です。
今後対応予定とのことです。

メルカリのスピード発送バッジの注意すべき点4選

スマホを触る後ろ姿の女性スピード発送バッジについて勘違いしやすいところを詳しく解説します♪

出品者がON/OFFの操作はできない

スピード発送バッジはメルカリ事務局側の判断のため、出品者の意思でバッジを表示させたり非常時にすることはできません。

でもあっても迷惑なものではないので気にしなくてもいいかもしれませんね!

条件を満たさなくなるとバッジは表示されなくなる

適用条件を満たしていることが前提のスピード発送バッジなので、条件を満たさなくなるとバッジは非表示になります。

まーこ
まーこ
売れてから発送までに24時間以上かかったり、商品の発送までの日数を1~2日以外を選択している場合だね!

必ず24時間以内に発送することを約束するものではない

スピード発送バッジの適用基準は、あくまでこれまでの取引状況から判断しているものなので、購入時の安心材料になります。

しかし購入したからといって、必ずしも24時間以内に発送が完了することを約束するものではありません!

正確な発送日に関してはコメントか取引画面から確認する必要があります。

まーこ
まーこ
時々購入後に今日発送してくださいという人がいますが、バッジだけだと勘違いしやすいと思う!

平均発送時間にカウントされない取引もある

スピード発送バッジの平均発送時間にカウントされない取引もあるので気を付けてくださいね。

  • 大型らくらくメルカリ便
  • らくらくメルカリ便の集荷サービス(\30)

これらの取引はカウントされないようです。

スピード発送バッジのメリット・デメリット

スピード発送バッジが全員に実装されるのか、試験的公開で終了してしまうのかはわかりませんが、メリットとデメリットを考えてみました!

メリット

  • 購入者の安心材料になる
  • 出品者は信用されやすくなる

言わなくてもバッジが語ってくれるので、評価とバッジを照らし合わせれば自然と信用度アップです♪

デメリット

  • 24時間以内に発送してくれると勘違いしている購入者がいる

これは避けたいトラブルですよね?!

購入する側はその商品を気に入っているわけだし、早く手元に欲しいって誰もが思っていると思います。
私も早くお届けすることができたら嬉しいので私は早めの発送を心掛けているのですが、100%が24時間以内に発送できているかといえばそうではありません。

やはり取引メッセージにて、明後日の発送になりますとか、土日を挟むので月曜日の発送になりますなど伝えることは必要かと思います。

どうして私がスピード発送バッジをもらえたのか考察してみました

梱包された商品私の取引歴は購入も含めて900件を超えていますが、すべてがすべて24時間以内に発送してきたわけではありません。

早めの発送を心掛けてはいて、発送までの日数は正直1~2日のものと2~3日のものが混在しています。

かといって実際発送に3日かかったことは3連休を挟んだ時の3回のみで、4日以上かかったことはありません。

私は日中働いているので、出品作業や梱包は双子が寝た後にしています。
その日売れたものは午前中であれば夕方梱包して発送できるようにし、午後に売れたものは夜に梱包し翌日出社途中に発送しています。

まーこ
まーこ
アマゾンより早くて嬉しかったです!と評価頂いたこともあるよ!
フフン♪
なんてたって意識高い系出品者だからね!笑

なので実際の発送時間は24時間以内というのはほぼ間違いないと思います。
それでこのたびメッセージを頂けたのかな?と思いました。

メルカリのスピード発送バッジは期待大◎

メルカリは毎年新しい機能を試験運用していて、私は今回のスピード発送バッジ以外でもメッセージをもらったことがありました。

まーこ
まーこ
メルカリワークスで在宅スタッフ(メルクルー)やっていたよ!

メルカリはいろいろな機能を開始したり終了したりしているけど、今回のスピード発送バッジは期待できると思います。

メルカリダウンロード数は2018年度に8000万ダウンロードを記録していて、現在もフリマアプリのトップ走り続けています。
手数料は同じ類のものを比べると高いほうですがどうしてメルカリに人気が集まるのか、不思議ではないですか?

もちろんユーザーが多いとトラブルも多くなりますが、やはりわかりやすさや使いやすさ、こうした機能の充実度はユーザーの数を握るひとつの方法だと思います。

今回のスピード発送バッジも、メリットデメリットを比べてもメリットのほうが上回ると思うので、標準搭載されるといいなと願っているまーこです☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA