雑記

iPhoneとiPadの写真の共有方法3選|使い分けて生活を便利に

iPhoneやiPadの写真を家族や友人と共有したい!

だけどどうやって共有するの?

写真を共有するにはどんな操作が必要なの?

これって意外と知られていないんですよね。

iPhoneとiPad両方を使っている人でもそれぞれの端末で写真の共有ができないと悩む人がいますが、iPhoneやiPadでの写真の共有方法は簡単です。

この記事を読むとわかること
  • iPhone(iPad)の写真を自分の持っている他の端末で見る(共有する)方法
  • iPhone(iPad)の写真を家族や友人(別の端末)と共有する方法
  • iPhone(iPad)の写真を自分の周りにいる人と共有する方法(AirDrop)

Apple端末であればどれも同じ方法で写真を共有することができます。

これまでラインやメールで送っていた写真も高速転送することでストレスフリー!

ぜひ覚えてくださいね。



同じAppleIDを使っているiPhoneやiPadは自動で写真が共有される

iPhoneのAppleID画面まずは自分が持っているiPhoneとiPadの写真の共有についてです。

Apple製品を使っている人はAppleIDを持っていると思いますが、同じAppleIDだとiCloudの設定をしてWi-Fiにつないでおけば自動で写真の共有が行われます。

逆に言えば同じAppleIDを使用していたら勝手に端末同士で写真を共有します。

iPod touchも同じ操作で共有が可能です

私はiPhoneで撮影した写真をiPadで編集しているため、iPhoneで写真撮影後自動で共有されるので手間いらず!

まーこ
まーこ
設定方法は簡単!

まずiCloudを使用する設定をします。

iPhone(またはiPad)の設定を開き、いちばん上のAppleID(ユーザー名)をタップします。

するとAppleIDの画面(上記画像参照)が開くのでiCloudをタップ。

iCLoudの写真画面

写真をタップします。

iPhoneの写真設定画面iCloud写真をオン(緑色)にすればOK。

Wi-Fiにつないでおけば、そのAppleIDに連携している端末は自動で写真の共有が行われます。

手動で写真を共有する方法はありません

Appleサポート窓口にも確認しましたが、写真の共有はすべて自動とのことでした。

iCloudに写真を保存するイメージ

そもそも写真は(iCloudを利用している場合)、端末内ではなくiCloud内に保存されます。

写真は端末で閲覧しますが、iCLoudを使用している場合写真はiCloud(インターネット上のデータ保存スペース)に保存されているので、イメージでいうとiCloudに毎回写真を見に行ってる感じ!

まーこ
まーこ
それぞれでいちご、ぶどうの写真を撮影しても同じiCloud上に保存するため、いつでも違う端末で撮影した写真を見ることができるよ
iCloudに写真を保存するイメージ

パソコンからiCloudにアクセスすることでも端末内の写真(動画やiCloudメール、メモなども!)を見ることができます。

写真はすぐに共有されるのか?Wi-Fiでないとだめなのか?

とても便利な機能ですが、写真を撮ったらすぐに共有されるのでしょうか?

またWi-Fi環境下でないと共有されないのでしょうか?

答えは、「写真のサイズや通信環境によって共有速度が変わる」です。

実際私のiPhoneとiPadで実験してみたところ、iPhoneで撮影した写真(2,000×1,500ピクセル)をWi-Fi下では数秒で共有しました!

iPhoneとパソコン(Wi-Fi)、iPadとパソコン(Wi-Fi)でも数秒~長くても1分以内で共有できました。

しかし同じ写真を4G下にするとひと晩かかるものもありました。

まーこ
まーこ
な、長い

これに関してAppleサポート窓口に問い合わせたところ、「ファイルサイズが軽いもので、Wi-Fi下であれば比較的すぐに共有される」との回答をいただきました。

共有は自動なのでファイルサイズが大きい写真や動画はWi-Fiでも時間がかかるとのこと。

4Gでも不可能ではないですが、すごく時間がかかります。

ストレスなく共有するにはWi-Fiが必須。

iPhoneやiPadの写真をすぐに共有したい場合は「共有アルバム」を使おう

でもそんなの待っていられない!

iPhoneとiPadの写真(特にサイズが重い動画)をすぐに共有したい!

そんな時は、「共有アルバム」の使用をおすすめします。

共有アルバムを使用する目的

共有アルバムは基本的に、自分と自分以外の人が写真を共有するためのものです。

本来自分のiPhoneとiPad間での写真共有は自動で行われるため、共有アルバムを使用する必要はありません。

ですが自動での共有を待っているとサイズが重い動画はいつ共有されるかわからないので、急いでいる場合は共有アルバムが便利です。

共有アルバムの作成方法

共有アルバムを使うには、まずiOSを最新のものにアップデートしておく必要があります。

その次に、共有アルバムの設定をオンにします。

iCLoudの共有アルバム設定項目

設定→AppleID(ユーザー名)→iCloud→写真のいちばん下に「共有アルバム」という項目があるのでオン(緑色)にすると設定は完了!

続いて、写真の共有アルバムの作成方法です。

写真の共有フォルダの作り方

写真の左上にある+マークをタップすると、アルバム作成画面が下に出るので「新規共有アルバム」を選択し、共有アルバム名を入力し次へをタップ。

自分以外の人と写真を共有する場合はここへ相手の連絡先を入力しますが、入力はアルバム作成後でも可能です。

自分のほかの端末と共有する場合も、何も入力しなくてOKです。

これで空っぽの共有アルバムの作成が完了します。

共有したい画像を共有アルバムに保存する方法

iPhoneに保存された写真次に、共有したい画像を共有アルバムに入れます。

方法は2つあります。

写真から共有アルバムを指定する

iPhoneに保存していた写真を1枚選んでみました。

写真を表示した状態で、左下に出る上向きの矢印マークアイコンをタップします。

iPhoneの写真を共有する操作画面

すると「共有アルバムに追加」という項目が出てくるのでタップします。

※iCloudの写真の共有アルバム設定をオンにしていないとこの項目は表示されません

iCLoudの共有アルバム作成画面コメントはなくてもかまいません。

私はすでに共有アルバムを作成しているのですでにアルバムが選択されています。

複数の共有アルバムがある場合は目当ての共有アルバムを選んで投稿してくださいね。

なお、共有アルバムを選ぶところからでも新規アルバムの作成は可能です。

共有アルバムから写真を選択する

iPhoneの写真画面共有アルバムを開いた状態で、写真を追加することもできます。

写真を開くと、共有アルバムという項目がでてきます。

サンプルで共有アルバムを作成してみました。

共有アルバムの写真追加画面

目当ての共有アルバムを開いて、+をタップして追加したい写真を選べばすぐに共有フォルダに写真が入ります。

ほかの人と写真を共有する方法

共有アルバムにほかの人を招待する画面共有アルバムは基本的に他の人と写真を共有するためにあるので、ここではほかの人を共有アルバムに招待する方法を紹介します。

先ほどの操作と同じように、写真→共有アルバムをタップします。

すると下に写真・メンバーを切り替えるバーが表示されるので、「メンバー」を選択し、いちばん上の「参加依頼」をタップします。

ここでこの共有アルバムに招待したい人を選ぶだけで操作は完了!

招待された人が参加すると無事共有可能となります。

この時「参加者の投稿も許可」をオンにしておくと、参加者も共有アルバムに写真を投稿することができるようになります。

まーこ
まーこ
旅行や複数人で遊びに行ったときなど、それぞれが撮影した写真を投稿できるのでとても便利です

共有アルバムや参加者を削除する方法

iPhoneの共有アルバムを削除する項目共有アルバムが必要なくなり、削除する場合の手順は以下です。

写真→共有フォルダ→メンバーと進むと、いちばん下に「共有アルバムを削除」という項目があるのでタップするだけ。

削除を行うと、そのアルバムを使っているすべての端末と参加者の端末からアルバムが削除されます。

共有アルバムへの参加者を削除する方法も同様の画面で行うことが可能です。

iCloudを使っていない人と写真を共有する方法

iPhoneの写真をiCloudのwebに公開する項目写真の共有はiCloudユーザー間のみではありません。

iCloudを使っていない人とも共有できます。

まーこ
まーこ
相手がAppleユーザーじゃなくても写真を共有できるのは嬉しいね!

iCloudを使っていない人と写真を共有する方法はiCloudのWebを使用します。

iCLoudの共有アルバムのurl自動生成画面写真→共有アルバム→メンバーと進み、「公開Webサイト」をオンにすると自動的にurlが生成され、そのurlにアクセスした人は誰でも共有アルバムを見ることができるようになります。

「リンクを共有」をタップすることでほかの人にurlを送ることができます。

AirDropを使って写真を共有する方法

iPhoneやiPadで写真を共有する場合、自動共有や共有アルバムの利用のほかにAirDrop(エアードロップ)という機能を使うことでも写真を共有することができます。

AirDropは、近くにある他のApple端末と写真やデータなどを共有できる機能です。

AirDropの特徴は高速通信。

通信環境が悪いときやファイルサイズが大きいときも簡単に写真などを転送できます。

まーこ
まーこ
端末同士を直接つなぐ、それがAirDropだよ

共有フォルダを作るまでもないときにもおすすめの方法ですが、AirDropを使用するには準備が必要です。

AirDropを使用する前の準備

AirDropを使用する前に準備すること
  1. 共有する端末のWi-Fiをオンにする
  2. 共有する端末のBluetoothをオンにする
  3. 共有する端末のインターネット共有をオフにする
  4. 端末の距離は9m以内

AirDropを使用する場合に注意すべきこと

AirDropを使用する場合、受信する側のAirDropの受信設定を「連絡先のみ」または「すべての人」にする必要があります。

「連絡先のみ」にした人は送信相手を連絡先に登録する必要があり、登録していない場合は「すべての人」にしておきます。

ただし「常にすべての人に設定」していると、見知らぬ人から不適切な画像が送り付けられる「AirDrop痴漢」の被害にも遭う可能性も出てくるので受信設定の扱いには注意が必要です!

AirDropの設定は各端末の設定→一般→AirDropから可能。

AirDropの使い方

写真のAirDropでの送信方法AirDropの使い方も簡単です。

送信したい写真を表示させ、左下にある上向き矢印をタップすると近くにあるApple端末が自動で認識されます。

まーこ
まーこ
受信端末がスリープモードだと送信相手に表示されないので注意してね

Apple端末をタップしても、その下にあるAirDropをタップしてもOK。

AirDropでの写真送信後の画面表示タップするとすぐさま送信開始され、送信が終わると送信済みと表示されます。

同時に、受信した端末では受信した写真がポップアップ表示されます。

たったこれだけの操作で端末間の写真などデータ送受信ができるなら、わざわざ共有アルバムを使わなくてもいいですね。

共有アルバムは近くにいない場合や、写真がたくさんある場合など、分けて使うと便利です!

iPhoneやiPadでの写真共有で生活を便利に

写真などの共有(送受信)はラインなどのアプリを使っている人が多いと思いますが、ラインを使用するとアルバムに投稿しない限りスペースをとってしまったり、閲覧期限が切れる場合もあります。

iPhoneやiPadでは、共有アルバムを作成しておけば写真がiCloud上で保管されるので、そのような心配もなくいつでも気軽に写真を見ることができます。

私は昔は、写真を編集するためにパソコンに写真を送って編集したあと、またiPhoneに送ったりもしていました。

だけどiPadを手に入れてからは編集もiPadでできるようになり、さらにiCloudで写真管理をすることによりパソコンからも同時に閲覧できるのでかなりの時短になりました!

まーこ
まーこ
撮影した写真は実は販売もしています

\ハイクオリティな画像が買える/
▲1点買いも月額利用も可▲

今回はiPhoneとiPad(iPod touch含む)の写真共有の方法を3つ紹介しました。

  1. 自動共有…同一AppleID、Wi-Fi下で自動共有
  2. 共有アルバム…自分以外の人との写真共有
  3. AirDrop…周りにあるApple端末同士で高速通信

それぞれ特徴が違うので、用途によって使い分けるとさらに便利ですね。

皆さんも有効に使ってみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA